やっぱり安い方がいいよね!利用料金からスマホ修理店を選ぶ

余計な作業が無い修理店は安く済む

スマホ修理店は大別するとスマホメーカーが認めた正規店と、そうではない非正規店があります。どちらも作業内容は変わりませんが、正規店の方が利用料金が割高になるのが普通です。これはメーカーが指定したマニュアルに沿って作業や点検を行っているためです。破損した部品の交換だけではなく、他の部品の状態を確認する作業も行うため、その分の手間賃が加算されてしまいます。そのため、正規店での修理は費用が割高になり、日数も長くなってしまうのです。その一方で非正規店での修理はあくまでも破損した部品の交換にとどまるので、それ以外の余計な作業は行いません。利用料金も実質的な交換作業の費用だけで済むので、正規店よりもはるかに安価で済ませることが可能なのです。

非正規店はメリットもあるがデメリットもある点に注意する

非正規店でのスマホ修理は安く、時間もかからないのが大きなメリットです。破損が軽微であればその日のうちにすべての作業が済んでしまうことも珍しくありません。その反面、非正規店でできる修理はあくまでも部品の交換程度にとどまることを把握する必要があります。基盤の交換やデータの復元などの複雑な修理は正規店でなければ対処できません。また、非正規店は店ごとに独自の方法で修理作業を行っています。そのため、店によって技術力の違いが大きく、中には安かろう悪かろうな店も存在しているので注意しなければいけません。料金や所要時間だけで安易に即決せず、お店の評判を事前に確認しておくことが非正規店を上手に利用するためのコツです。