困ったときに頼んでみよう!スマホの修理の概要

急いでいるときには重宝する!

スマートフォンを契約するときに、保証サービスをつけている人は結構いますよね。修理費用が安く済んで、正規代理店での修理のために安心して出すことができます。ところが、一度修理に出すと、返却までの期間が2週間以上かかってしまうということは少なくありません。代替機をレンタルしてくれることもありますが、普段使い慣れているスマホが手元にないと困ってしまうことも多いですよね。街中で見ることができる非正規店のスマートフォン修理業者は、急いでいる人にはおすすめです。預けて数時間で修理完了というお店も多いので、外出先でスマートフォンを落として壊してしまったというときでも安心ですよ。液晶画面やバッテリーの交換なら、数十分程度で直してもらえます。

純正品でないパーツは大丈夫?

スマートフォンを修理するということは、調子の悪い部品を交換するということです。正規店での修理は時間がかかりますが、交換部品はすべて純正品となります。純正品と呼ばれる修理パーツは、正規ルートのみで流通しているため、街中の非正規修理店には出回らないのです。ただしここでのポイントは、純正ではないパーツだから問題があるのかということです。実は、街中の修理店で扱っている純正ではないパーツは、純正品を作っている工場と同じところで作られていることもあります。最終的に純正品として箱詰めされるか、非純正品として出回るかの違いであって、パーツそのものは同じである場合も多いのです。ただし、純正品以外のパーツを使って修理した場合、メーカー保証から外れてしまうことが多いので、新しいスマートフォンでは避けた方がいいかもしれませんね。